製品全体にかかわれる
二輪開発の楽しさを実感
そして今、商品開発のリーダーを担い、
より広い世界へ

2001年入社

会田 樹穂子

KIHOKO KAITA

(株)本田技術研究所 二輪R&Dセンター
理工学部 工業化学科 卒業

二輪の開発に
やりがいを感じて転職
念願のHondaへ

「究極のエコカーをつくりたい」という想いがあって、大学の卒業研究は燃料電池の研究に取り組みました。そして、就職の時期を迎え、自由闊達な企業風土に惹かれてHondaを志望。しかし、就職氷河期だったこともあって希望はかなわず、いったんほかの自動車メーカーに入ったのですが、Hondaで働きたいという気持ちは薄れることがなく、一大決心をして3年後に転職しました。ただ、転職時に希望したのは四輪ではなく二輪。開発チームがよりコンパクトで、製品全体にかかわりながら自分の仕事ができる二輪に魅力を感じ始めていたのが理由でした。希望どおり二輪事業に配属され、ずっと充実感を感じながら仕事を続けてきたので、少し遠回りしたのも自分にとって決して無駄ではなかったのでしょうね。入社後、1カ月の工場実習の後はATV(All Terrain Vehicle/北米を中心に人気のレジャービークル)の開発グループに加わり、車体設計や新技術の開発を担当しました。入社前のイメージどおり、二輪の開発は重要部品ごとに担当は分かれているものの完全な分業ではなく、製品全体を見つつ、ほかの部品の開発チームとも議論しながら自分の担当業務を進めるスタイルで、このような仕事の進め方が自分には合っているとすぐ分かりました。

多くの男性技術者を
率いる車体設計と
商品開発の
リーダーに抜擢

2008年に大型スポーツタイプモーターサイクル開発のグループに移り、現在は完成車設計のグループリーダーと、商品開発のPL(プロジェクト・リーダー)を兼任しています。耳慣れない言葉だと思いますが、完成車設計とはエンジン、足廻り、電装部品を除くすべての機能部品の設計と、完成車1台分のパッケージを最適化するもの。前後の2つのタイヤで走り・曲がり・止まるバイクにとって、さまざまな部品を組み込むパッケージやバランスの最適化は、安全性・走行性の両面において非常に大切なものとなります。

完成車設計のグループは、私のほかはみんな男性ですが、私がグループリーダーやPLを任されていることが、Hondaでは男女関係なく、適材適所で重要な役割を与えられることを示しているのではないでしょうか。商品開発を率いるPLになると、営業や生産、品質保証、購買、さらに社外のサプライヤーなど、かかわる人たちが大幅に拡がります。開発チームのメンバーと技術的な議論を戦わすだけでなく、さまざまな立場の人たちとの調整役も果たさなければなりません。最初は慣れない役割にいろいろと戸惑い、失敗もしました。ただ、立場は違ってもみんなが目指しているのは、より良い製品をお客さまにお届けすること。最初はバラバラだった意見が同じ方向にまとまり始め、ものづくりが進んでいく醍醐味を知り、二輪開発という仕事がますます好きになりました。

技術研鑽への
薄れることのない意欲
技術で世の中を
ハッピーにしたい

今は2013年に出産した娘がいます。育休中の1年間は勉強期間ができたと思って、TOEICの受験や基礎知識の復習など、自分を磨き直しました。復職した年には国家資格の技術士(※1)の一次試験を受け、2016年に二次試験も合格、晴れて技術士登録を果たしました。技術士は、資格を取ればこの業務ができるというものではありません。しかし、受験勉強を通して、知識を固めることができ、そして何より、技術士には継続して技術を磨き深める責務があることが、自分のモチベーションにもつながる最大の意義になると考えています。

今後の目標としては管理職やマネージャーなど、どういう役職に就きたいかというより、技術は世の人々の幸せのためにあるべきだと考えているので、技術によってより多くの方たちをもっとハッピーにしたい。そして、自分が納得できる二輪の仕事がしたい。開発現場の仕事がやはり一番楽しいと感じています。

※1:技術士法に基づく国家試験に合格し、登録した者に与えられる国家資格。機会、建設、化学など21の技術部門に分かれ、科学技術に関する高度の専門的応用能力を要する事項について計画・研究・設計・指導などの業務を行う。

1日の仕事の流れ

Schedule of the day

08:00 出社
【フレックスタイム制対応】
メールを確認し、必要に応じて一日の業務の優先順位を見直す。業務指示、連絡など

  • 8:30 通常業務時間の開始
    チームメンバーの出社に合わせ、対面・電話などでのコミュニケーションを行い、連携を取る

  • 9:30
    設計業務、進捗確認、会議・打ち合わせなど

  • 12:30 昼休み
    同僚と食堂でランチを食べる

  • 13:30 昼礼
    毎日、午後一はグループ昼礼

    13:45 午後の業務開始
    設計業務、進捗確認、会議・打ち合わせなど


  • 17:00 一日の業務まとめ
    業務の進捗振り返りと翌日の業務内容確認

  • 17:30 退社
    【定時退社日の場合】
    週の中日は定時退社日、週末も定時退社推奨日

19:00~22:00 退社
【定時退社日以外の場合】
出図や評価など、業務多忙の場合は残業あり

先輩従業員のリアル年表

Archive

  • 2001
    Hondaに転職
    約1カ月の工場実習を経験
    ATV開発グループに配属
    車体/完成車設計や新技術開発、
    マイナーモデルチェンジの設計PL、
    LPL(ラージ・プロジェクト・リーダー:開発責任者)を担当
  • 2008
    大型スポーツタイプモーターサイクル開発グループに異動
    フルモデルチェンジの車体/
    完成車設計PL・LPL業務を担当
  • 2013
    産前産後休暇+育児休職、
    合わせて1年間の休暇・休職を取得
  • 2014
    職場復帰
    休暇・休職前の部署・業務に復帰
    国家資格の技術士の第一次試験に合格
     
     
  • 2015
    大型モーターサイクルの
    完成車設計のPL
    業務に復帰
  • 2016
    技術士の第二次試験に見事合格
    技術士登録